きさいちハイキングコース(8)/1976年の私市駅2010年05月14日 00時00分

 古いネガフィルムを整理していて、昔の私市駅が少しわかるものが出てきました。1976年3月のものです。


<クリックで拡大>

 これがハイキング帰りの格好かなぁと思わせる服装ですが、以前のエントリで少し触れた、高校1年のクラスでハイキングに出かけた時のものです。右側の級友はブレザーにペーパーバッグという怪しからぬ出で立ちです。彼とは今でもちょくちょく会ったりするので、次回はこの写真を持っていって、恥ずかしいめに遭わせてやろうと思います。

 お馬鹿な話はさておき、この1976年3月当時、この写真では私市駅の駅舎が三角屋根だったのかどうか。ひさしを支える柱は瓦屋根の旧駅舎のものと同じなので、もしかしたらこの当時はまだ三角屋根ではなかったのかも知れません。


<クリックで拡大>

 こちらはホーム側を写したものですが、手前の人物が真っ黒。完全に露出の失敗なんですが、それが奏功して後ろのプラットホームなどは細部が分かる程度に写っています。

 それにしても、もっと当時の様子がよくわかるものを撮っておけばよかったと思いますね。50歳を過ぎてやっとそのことがわかりました。これから先、いつまで生きられるかわかりませんが、これからはいろいろと写しておこうと思っています。


 こちらは同じ年の9月の私市駅です。この写真のファイル名をご覧になった方には1977年3月私市駅01.jpgと見えますが、これは記憶の間違いでつけたファイル名で、正しくは1976年9月です。
 古い京阪1300系電車です。当時でもすでに古い電車でしたが、いい佇まいですね。私は当時から好きでした。



 こちらは1976年の女子高校生です…と書くと怪しいブログになっちゃいますね。
 こちらも以前のエントリで写真を掲載した当時の彼女です。
 車内の様子はよくわかりませんが、窓の外の景色は今とさして変わらないように思えます。

 こちらはおまけ。同じ日の国鉄河内磐船駅です。どうやら当時、すでに複線化工事が始まっていたのか、この旧プラットホーム(現在の京橋方面行ホーム)は、すでに雑草に覆われています。こちらのホームを撮影できると言うことは、当時新しく出来ていた、現在の長尾方面行きホームがすでに使われていてたという事ですね。地下道ももう完成していたのでしょうか?



 それにしても、ホームの背景は田んぼばかりの、なんとも長閑な景色が広がっています。

コメント

_ ぴいこ ― 2010年05月14日 12時36分

1300系 いいですね
交野線を利用するのは、1枚扉の電車に乗れる楽しみがありました。
今はこじゃれた車両が走っていますよね。
あれは面白くないなぁ~ と、思うのです。

交野線はレトロでないと・・・・。

_ たのけのあむら ― 2010年05月14日 16時42分

>ぴぃこさん

 交野線ってのは車両がレトロな割には軌道システムとしては当時から最新で、やろうと思えば自動運転も可能だったとかという話を、同級生…彼の父親が京阪の技師…から聞いたことがあります。ほんとかな?
 電車って蒸機やディーゼルと違って、最初からなんとなく涼しい顔で走るって印象がありましたが、当時の吊り掛け駆動のモーターの唸りを思い出すと、それはそれで、力行している感じがしていいものでした。
 去年、名鉄瀬戸線に乗りましたが、4両編成フルサイズボディの吊り掛け駆動車で、そりゃぁもう感動的でした。まだ、残っていますのでお早い目に乗りに行ってください。
 近郊では近江鉄道に吊り掛け駆動車が残っています。
 景気が良くなればレトロ電車なんかが走るかも?なんせ京阪寝屋川工場ってほぼ新造みたいに電車を更新できる能力があるものね。

_ 石清水ゲイリー ― 2010年05月14日 17時56分

良い写真がたくさんありますね。当時の雰囲気が偲ばれます。一枚目、駅前の光景が垣間見えますが、もう少し先に山小屋風?の喫茶店があったように思います。仰るとおり、駅舎は残念ながら三角屋根ではないのでしょうねぇ。
ところで「兎が原」の件ですが、例の『ひらかた散歩』の本を確認したところ、当該記事は1967(昭和42)年6月に「枚方新聞」(というのがあったようです)に掲載されたものでした。
府民の森くろんど園地は、1978(昭和53)年6月に開園したようですね。
昔は、ハイキングコースの入口から月輪の滝に至るまでに、大岩に巡らせた鎖を掴んで歩く危なそうな場所がありましたよね。今はなくなりましたが、あれはルートが変わったんでしょうか?

_ たのけのあむら ― 2010年05月14日 19時47分

>石清水ゲイリーさん

 この時点ではどうも三角屋根では無いみたいです。それにしても、僕もひっかかるんですよ、今の三角屋根の前にも三角屋根の駅舎があったはずだと。
 山小屋風の喫茶店は「喫茶いわふね」でしたっけ?確かにありましたよね。ストリートビューで見ると、酒屋さんのとなりだとすれば、うどん店と美容室に変わっているように思えます。河内磐船の喫茶店は確か「こだま」と「木馬」だったから、たぶん「いわふね」じゃなかったかなぁと思います。
 酒屋さんはエスポアなんとかって名前で営業していますね。
 兎ガ原はやはりその当時のものだったのですね。なんだかますます気になります。これはもうなんとかして調べなくてはなりません。
 月輪の滝の鎖のコースは覚えています、石にめぐらせてあって足元は岩をうがったりコンクリートを少し打ったりしていたような気がします。今もそのままあると思っていましたが、無くなってしまったのでしょうか?滝へ至る道と、その上の道と、当時は二通りあったように思うのですが。

_ BHW ― 2017年04月12日 19時12分

It&#39;s going to be end of mine day, except before finish I am reading this
impressive article to increase my knowledge.

_ BHW ― 2017年04月16日 14時12分

I am regular visitor, how are you everybody?
This paragraph posted at this web page is genuinely pleasant.

_ manicure ― 2017年05月03日 20時12分

Wonderful web site. A lot of useful information here.
I am sending it to several friends ans additionally sharing
in delicious. And obviously, thanks to your sweat!

_ foot pain after walking ― 2017年07月04日 03時15分

Hi, Neat post. There is a problem along with your website in internet explorer, might check this?
IE nonetheless is the market leader and a good section of other people
will pass over your fantastic writing because of this problem.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック