きさいちハイキングコース(6)/戦前のパンフレット(1)2010年05月10日 09時33分

 黄金週間に少し長いお休み頂きました。
 この間にオークションで、戦前のものと思われる古い私市ハイキングコースのパンフレットを落札し、非常に興味深く読んでおりました。


<クリックで拡大>

 表紙のイラストや書体や色使いが昭和モダンで非常に格好良く出来上がっています。これは素晴らしい。


<クリックで拡大>

 私がまず興味を引かれたのが、路線図にかつて存在した交電磐船駅が記載されていることです。このまま駅があったらさぞや片町線からの乗り換えが便利なことだったのになぜ廃止されてしまったのでしょう?
 またこの路線図には現在の宮之阪駅(当時の中宮駅)が記載されていません、このことからWikiの記述を参考にすると、
1939年(昭和4年)(下線部ママ)5月14日 信貴電磐船駅を交電磐船駅に改称。
1940年(昭和15年)9月11日 中宮駅(現在の宮之阪駅)開業。
 とあります。前後の年代記載から括弧内の「昭和4年」という記述はミスでしょう。このことからこのパンフレットは1939年5月~1940年9月の1年4ヶ月の間に発行されたと推測できます。

 ハイキングコースの見どころの記載もあたりまえですが、現在と幾分違います。獅子窟寺や月輪の滝などおなじみのところもあります。獅子窟寺近くの百重原陵ってのは今でいう「王の墓」のことでしょうね、獅子窟寺奥の院の巨石は今も変わらずあります。
 私市駅すぐの「文化農園」とそこから月輪の滝への途中にある「大覚山妙見」というのはどこなのでしょう?月輪の滝から向こうの「金龍窟」「お月岩」というのも気になります。歩いて確かめに行ってこなくてはなりませんね。

 他にも興味の尽きない内容になっています。このパンフレットの反対側は、各名所の解説になっています。次回ご紹介いたします。

コメント

_ 石清水ゲイリー ― 2010年05月10日 23時55分

これは実に面白いですね。
貴重な資料であるとともにデザインも秀逸で、所有する喜びもあろうというものです。

ところで、いろいろと興味深い点があったのですが、
そのうちのひとつだけ。

「倉治桃林」が気になって調べてみたら、こんな記事が出てきました。

「また、この辺りの扇状地域には、沢山の松の木が茂っていたが、明治34、35年の頃切られて四條畷中学(府立四條畷高校)の校舎の材木に使われた。松を切ったあとに桃が植えられ、春には辺り一面ピンク色に染まり見事なものだったそうだ。関西鉄道唱歌に「星田を跡に津田に来て 見渡す限り桃林 さぞや花時一帯の 紅雲天に焦がすらん」と歌われている。
その後、昭和35年から36年にかけてブドウ畑に変わった。」
(//murata35.chicappa.jp/rekisiuo-ku/teratimei01/index.htm)

これは神宮寺の葡萄畑のことではないでしょうかね。
先日、神宮寺を訪れた時に、葡萄畑の裏手の路地をさまよっていたら、たまたま一本の桃の樹があったので写真に撮ったのですが、その樹が昔の桃林の名残だったら面白いでしょうね。

_ たのけのあむら ― 2010年05月12日 14時14分

>岩清水ゲイリーさん

 思いのほか面白いパンフレットでした。
 それにしても、倉治桃林というのは、今の葡萄畑でしたか。唱歌にまで歌われているとは全く不明な事でした。あのあたりを知った頃にはすっかり葡萄畑でしたから。それにしても昭和35年頃と言うのは、比較的新しい時代の話なのですね。なんでまた葡萄畑に変わったのでしょう。やはり扇状地なので葡萄の栽培に適しているのでしょうか?ね?

 桃林の名残かもしれない桃の木、見てみたいですねぇ。

_ How do you strengthen your Achilles tendon? ― 2017年09月04日 02時37分

Hi! I&#39;ve been reading your blog for a long time now and finally got the
courage to go ahead and give you a shout out from
Atascocita Tx! Just wanted to mention keep up the excellent job!

_ choc ― 2018年05月05日 09時33分

When I initially left a comment I appear to have clicked the -Notify me when new comments are added- checkbox and from now on every time a comment is added I
recieve four emails with the exact same comment. Is there a means you can remove me from that service?
Kudos!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック