塩尻ワイナリーフェスタ2012【1】2012年10月27日 23時59分

 去年、両親を連れて行ってきた塩尻ワイナリーフェスタですが、別荘への送り迎えのこともあってワインをあまり飲めませんでしたので、今年は内緒で行ってきました。
 去年と今年の経験を踏まえ、来年をより楽しむための自分なりのウンチクを交えて、ご紹介しましょう。もちろん年ごとに内容は変わりますので、今年有ったものが来年あるとは限りません。ウンチクと言うよりも後悔と言ったほうがいいかも?

!!【宿は早く押さえる】
 まずはもう、これです。塩尻はおろか、松本長野木曽諏訪方面、どこもかしこも1ヶ月前なのにいっぱいでした。やはり旅行シーズンなんで、こればかりはどうしようもありませんでした。なめてかかっていましたね。お酒を飲むので自動車の運転はできませんから、木曽の別荘で泊まることも出来ず、困りました。結局、名古屋まで戻って一泊しました。

 さて、大阪から新幹線としなの号を乗り継いてやってきました塩尻。特急を降りると、おお!



 EF64じゃ!



 しかも重連!!ガキのごとくきゃっきゃと騒ぎながらしばし電気機関車の撮影タイム。

 あたふたと駅前のメイン会場へ向かいます。まずはウェルカムワインで一杯。



 こんな光線状態ですがまだお昼の12時ごろです。



 おつまみというにはヘビーな山賊焼。「焼」とはいうものの実質唐揚げです。これだけで500円で早くも腹一杯に…。

!!【駅前メイン会場は全部のテントを見て回る】
 城戸ワインを手に入れようと思えば、開場前から観光協会のワイン販売テントの前に並ばなければならいようです。私が到着した11時にはすでに城戸ワインは売り切れていました。数の少ないことも手伝って幻となりつつありますね。
 またこれは大変後悔しているのですが、試飲用のグラスを首からぶら下げられる革ホルダーなんかも販売されていたのでした。気がはやっていろいろ見て回らなかったことをつくづく後悔しています。

<つづく>



より大きな地図で 2012年塩尻ワイナリーフェスタ を表示

なんだか面白そうな中津川2012年08月17日 15時56分

 今年の夏休みも木曽へ行ったのですが、自動車の故障に始まり、代車のレンタカーはパンクしてタイヤ代をがっぽりボラれるわ、帰路は大雨で高速道路が不通になり渋滞のなか迂回を余儀なくされるわで、いたれりつくせりでした。

 そんな惨憺たる有様だった今年の夏休みですが、それでも面白そうなところを発見しました。レンタカー屋のある岐阜県中津川市です。8月13日に車を返却に行ったときに少し歩いてみました。

 レンタカー屋は旧市街から大分離れた国道19号線のバイパス沿いにありますが、このバイパスから旧市街や中央線の中津川駅へは谷底に向かって下ってゆく(木曽路はだいたいどこもそうですが)と、旧中仙道跡とも絡まって、なかなかに味わい深い場所がありそうです。

 一時間に一本あるかないかという各停に乗る都合もあって、また雨が降りそうだったこともあって、大変急ぎ足に駅へまっしぐらだったもので、ちっとも周囲を見られませんでした。でも、今度はゆっくりと立ち寄ってみたいです。カメラも持っていなくで、デジカメしかありませんでしたしね。

 ざざっとスナップを並べてみます。


 まず目に入った廃墟。「ヨーコ」とカタカナで記しているのもまたよろしいな。


 駐車スペースはあるものの飲酒運転取締が厳しくなって同時に経営も厳しくなったかも。中津川はそこそこの街だとはいえやはり田舎ですから昔は自動車で飲みに行くしか選択はなかったんでしょう。


 道路に面しているところが最上階。いわゆる崖家造でしょうかね。階下には石油ボイラーが見える。


 「はだか」の文字にのみ脊髄反射して撮影した幟旗。調べてみると地元の民話で、裸なのは雲助の武兵という男なのだそうで…ちっ。


 こちらは見事な蔦に覆われたお宅。お住まいの様子でした。


 少し降ってきて市街地に入りかけると、こんな琺瑯看板を並べたお店が…。


 門構えもものすごく立派。調べてみると種苗店のようでした。


 悲観的予想は的中。駅に着く直前に降って来ました。


 駅前にはなぜか木曽福島の「七笑」のでかい看板が。ここは岐阜県です。木曽福島は長野県。


 程なく電車の時刻です。急ぎプラットホームへゆこうとすると、おお、なんとも味わい深い立ち食いのカウンタが。右下の手洗いが泣かせる感じです。


 その向こうには「お弁当」の看板が。しかしもう時間がありません。

 このあと南木曽行きの各停に乗り、南木曽からバスで妻籠へ向かい自分の自動車を受け取ってきたのですが、豪雨の中で大変でした。電車が止まりはしないかと心配していたのですが、そのころ、大阪の自宅のあたりは100mmというすごい雨であちこち冠水、浸水していたようです。友人が様子を電話してきてくれるまでちっとも知らず、なんとも脳天気でした。

 おっと、中津川の話でしたね。とまぁ、とにかくここは面白そうです。改めて、街をあちこち歩いてみたいものです。

輪行で諏訪湖一周へ【6】2012年04月29日 23時59分


 木曽福島駅では一旦自転車を組み立てます。駐車場までの200m、担ぐにはちょっと重たいし、どうせ、車載は前輪を外しただけの状態になりますからね。

 まずはさっぱりするために温泉を目指しましょう。


 山間の秘湯、二本木の湯へ。ここは以前に愛想の悪い施設のおばさんと口論になったことがあり、あまりいい印象がなかったもので、長い間行きませんでした。かれこれ二十数年ぶりになりますからもうそのおばさんも居ないでしょう。

 連休のせいか意外に混んでいます。キャパシティ以上に客を入れるのが良くないですね。来た人を拒まないということなのか、単に欲をかいているだけなのか?

 ちょっと混雑していて不快でしたが、それでもいいお湯です。そこそこつかって早々に出ましょう。


 風呂に浸かれば腹が減る。むろん時香忘で蕎麦です。


 ああ、ほんとうに美味しいなぁ…。


 ごちそうさまでした。

 時香忘でおなかも満たされ、温泉にも入ったし、本当に気分の良い一日になりました。この先、忘れられない一日となるでしょう。諏訪湖、今度はミニベロでもっとゆっくりと回ることにしたいものです。

<おわり>


より大きな地図で 開田から諏訪湖一周輪行の旅 を表示

 自転車で諏訪湖畔を一周するなら、のんびり走るミニベロか、いっそのことレンタサイクルのママチャリでもいいかもしれません。周辺をあちこち訪ねるならスポーツ車がいいと思います。ゆっくり走るのであれば湖畔の歩道/自転車道を。スポーツ車は車道を走るほうが楽しめます。道路は平坦でたいりょくの無い人でも大丈夫です。